MENU

売れない不動産営業マンが書いたワークシート

こんにちは、宅建士のなかねです。前回書きましたが私は超売り上げがない不動産営業マンでした。さて、その後どうやって売れる営業マンになれたのか、これでもかなり努力したんですよ。そんな事を書いて行こうと思います。

 

私のワークシートを公開しますね

 

これは項目だけですが、毎月こんなワークシートを作ってましたね。
まっ人間的にしっかりした人はこんなモノいらないので、私の記事なんて読まずにさよならして下さいね、これは私の様に売れない不動産営業マンだけ見て欲しいのね、これ実は他業種の営業マンに教えて実践してもらいましてね、結果がちゃんと出てます。
実は上部に日にちが入るのね、だから28日から31日ね。
キャンパスノート見開きサイズになります。
それぞれ目標をたてて数字をいれて、目標と実績を入れてゆくのね。
さて、反響客の目標が20人で、実績が10人だったら、そりゃー会社が悪いでしょ、広告をちゃんと打っていないか、魅力ない広告でしょ。
それで納得できるでしょ!
契約数は目標は数字、結果は日の丸とか好きな絵を丁寧に書くのね。
どう?決まったら気持ちよく絵が描けるでしょ。
その下の項目は、自己啓発と欲求ね、これが一番大切。
例えば、契約も達成してないのに欲求ばかり達成した自分ってなんなのよ?って一目でわかってしまうでしょ?
だから、とっても大切なのね、えっちばかりしてたら、自分を戒める?それは違うののね、ちゃんと今月は何回するか目標をたてて、きちんと消化しないといけません、実はそれを含めて営業マンの自己管理なんですよ。
ようは、営業マンって私生活ふくめて自己管理しないとダメなのね、だから大トロやエッチの回数も自分で把握するのね、それが将来自分の為にもなるんだと私は思うのね。

 

ワークシートを書く意味は

自分の1ヵ月の行動を自分できちんと把握するためなんだよね。
特に、自己啓発が大切だからね、きちんと書くことをお勧めしますよ。
厳しい販売ノルマがあると自分を見失ったり、心喪失するでしょ、だからきちんと本を読んだり、映画を見たり、彼女とデートしたりって事が、上司に罵倒されても人間性を保てる事になるから、ちゃんと書いてみてね。

 

ここで分かってくるのが、反響客と契約数の割合、一流のプロ野球選手は打率何割?そうです、3割打者が一流でしょ?だったら3割目指せば良いだけなんですね。
こうやって、ワークシートで自分の打率が解り。自己啓発もしてって解れば次に打率を上げるためにはどうすればよいか考える余裕とか、気持ちになれるよね、ワークシート見ていると、疑問が湧いたり、悔しかったり、うぅ~んって考えるよね。
それが、売れる不動産営業マンのスタートなんですよ。

 

そう、自己分析なんですよ、ずばり売れない不動産営業マンのほとんどが、自己分析してないんです。
誤解しないで、自分でワークシートをこっそり書いていれば、誰にも見せない、見られない、上司にばれない関係ないでしょ。だからこうやって自己分析をするんですよね、そうすれば内気な自分でも、自分が何をすれば良いかみえてくるのね。

 

因みに、今の上司なんて、この会社にいるから上司であって、やめればしらないおっさんでしょ、それより大切なのはこの仕事を続けてゆくという気持ちなのね、たとえ今は売れなくてもそんな気持ちがあれば、いえ持ってください。
そうして、ワークシートを書いて自己分析できれば、超売れる不動産営業マンになれるチャンスですよ。

 

続きはまた書きますので、ご縁があれば読んでくださいね。

HOME

関連コンテンツ



Scroll Up